HIPRACの紹介

  • ご紹介くださる先生方へ
  • 受診を希望される患者様へ
  • よくあるご質問
  • 宿泊施設をご希望される方へ
  • 交通アクセス
  • パンフレット
  • リンク集

広島がん高精度放射線治療センター
ハイプラック

〒732-0057
広島市東区二葉の里三丁目2番2号
TEL:082-263-1330
FAX:082-263-1331

トップページ > HIPRACの紹介

センター長挨拶

広島がん高精度放射線治療センター
センター長

広島大学大学院 放射線腫瘍学 教授

永田 靖

より高精度な放射線治療を提供できる医療体制の整備を目指し、平成27年10月より「広島がん高度放射線治療センタ(通称:HIPRAC(ハイプラック))」の運営を開始致しました。広島市内4基幹病院や県内がん診療連携拠点病院、その他、県内外の多くの医療機関から患者さんのご紹介をいただき、乳癌、前立腺癌、肺癌、肝臓癌、脳腫瘍、直腸癌、頭頸部がんをはじめとして、多くのがん患者さんの放射線治療を行っているところであります。また、HIPRAC(ハイプラック)には、専門性の高い医師と医療スタッフ、最新の治療装置が導入されており、国内で最先端の治療方法の開発にも努めています。今後も、生活スタイルを変えずに通院しながらがんを治せる身体的にも精神的にも負担の少ない先端的な放射線治療を提供します。

顧問挨拶

広島がん高精度放射線治療センター
顧問

テキサス大学MDアンダーソン
がんセンター 放射線腫瘍学 教授

リツコ コマキ

日本は、放射線治療を受けるがん患者数が米国に比べて少数となっています。しかしながら、これからの日本はがん患者数も増加し、放射線治療が治療の第一選択肢とされるがんも増えていくと思います。そのためには、がん細胞の広がりを正確に見定め、病気の部分に確実に照射する必要があります。私の育った広島に、高精度な放射線治療ができる装置を複数台導入する放射線治療センターができたので、大いに期待をしています。

運営体制

  • センター長

    • 副センター長
      • 医師

        医師常勤3名(副センター長を含む)
        非常勤医師数名

      • 医学物理士

        医学物理士長および医学物理士3名

      • 診療放射線技師

        診療放射線技師長および診療放射線技師9名

      • 看護師

        看護師長および看護師5名

スタッフ紹介

医師

センター長 (広島大学病院放射線治療科教授兼任)

永田 靖 ながた やすし

専門医
放射線治療専門医
日本がん治療認定機構暫定教育医

副センター長

権丈 雅浩 けんじょう まさひろ

専門医
放射線治療専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本食道学会食道認定医

常勤医師

土井 歓子 どい よしこ

専門医
放射線治療専門医

大西 圭一 おおにしけいいち

専門
放射線腫瘍学

医学物理士

医学物理士長

小澤 修一 おざわ しゅういち

資格
放射線治療品質管理士
American Board of Radiology認定放射線治療医学物理士
第一種放射線取扱主任者

医学物理士 他3名

診療放射線技師

診療放射線技師長

山田 聖 やまだ きよし

資格
日本放射線治療専門放射線技師
放射線治療品質管理士
第一種放射線取扱主任者

診療放射線技師 他9名

看護師

看護師長 岩波 由美子 いわなみ ゆみこ

資格
がん放射線療法看護認定看護師

看護師 他5名