受診を希望される患者様へ

  • ご紹介くださる先生方へ
  • 受診を希望される患者様へ
  • よくあるご質問
  • 宿泊施設をご希望される方へ
  • 交通アクセス
  • パンフレット
  • リンク集

広島がん高精度放射線治療センター
ハイプラック

〒732-0057
広島市東区二葉の里三丁目2番2号
TEL:082-263-1330
FAX:082-263-1331

トップページ > 受診を希望される患者様へ > センターで主に対象となる疾患

センターで主に対象となる疾患

当センターは基本的に4基幹病院(広島大学病院、原爆・赤十字病院、広島市民病院、広島県病院)および各地のがん拠点病院よりご紹介頂きます。
当センターで治療を受けたいと思われる患者様におかれましては、まずは主治医の先生にご相談ください。

当院で治療対象となる疾患の例

肺癌
●定位照射
腫瘍最大径が5㎝以下で転移のない非小細胞肺がん(T1-2aN0M0)
組織型は未確定だが画像診断で早期肺がん(T1-2aN0M0)が強く疑われる症例
転移性肺がんのうち、肺の病巣が最大3cm、3個以内で他の部位に転移のない症例
●通常照射
遠隔転移のない非小細胞肺がんおよび小細胞肺がん(T1-4N0-3M0)
手術後に遺残もしくは再発を認める非小細胞肺がん(遠隔転移例を除く)
前立腺癌
早期もしくは局所進行期の前立腺がん(T1-4N0M0)
骨盤内リンパ節転移陽性だが遠隔転移のない進行期の前立腺がん(T1-4N1M0)
全摘術後のPSA再発もしくは手術時の切除断端が陽性の前立腺がん(遠隔転移例を除く)
転移性脳腫瘍
転移性脳腫瘍のうち病巣の最大径が3cmまでで個数が1~4個の症例
個数にかかわらず放射線治療によって症状や予後の改善が期待できる転移性脳腫瘍(手術可能な症例を除く)
頭頸部癌
遠隔転移のない頭頸部癌
手術後に遺残または再発を認める頭頸部癌
原発不明癌の頸部リンパ節転移
乳癌
乳房温存手術後
乳房切除術後
乳房切除術後、胸壁やリンパ節に再発した場合
原発性脳腫瘍
手術や生検もしくは画像診断による脳腫瘍と診断され放射線治療が必要な場合
肝臓がん
原発性肝臓がんのうち、最大径が5cm以下でリンパ節転移や遠隔転移がない場合
門脈または下大静脈に浸潤した原発性肝臓がん
転移性肝臓がんのうち、最大径が3cm以下3個以内の場合